Header Ads

同じ場所で回らない地球

しごく当然の話ではありますが、地球が太陽の周りを回ってるからといって、それが同じ場所で起こっていないなんてのは容易に想像がつきます。ガリレオのおかげでしょうか。

まあそれはいいとして、よく「歴史は繰り返す」などとカビの生えたフレーズを耳にします。俺にはこんな言葉は恥ずかしくて酔っててもなかなか言えません。ただでさえ真実味あふれて世に出回ってることもそうですが、たかだか数十年生きたくらいで何を言うと感じてなりません。

毎年、例えば誕生日を迎えるとして、それを歴史が繰り返してるとはあまり表現しませんよね。言ってることとしては大差ない気がするんですよね。経済の盛衰を波に見立てて上がったらいつか下がると思ってる。逆も然り。確かに、再帰性という面がなくはないです。前提が変わらなければ一時の騰落はホメオスタシスを持つのかもしれません。

しかし、見えざる手が働くのは何も行き過ぎをフィードバックさせるためだけとは限りません。よくないことが重なった時に、もう起きないだろうと思いたいのは人の心理。ただ現実は悪いことが一向に止まず、地獄の底まで叩き落すこともあります。似た状況を見てどうにかなるといった油断、根拠のない誤謬、とても危険ですね。螺旋階段はz軸方向から見るとx-y面で0-360度を繰り返すに過ぎませんが、実際はz軸方向に上下してるわけです。一面的にはどうにかなっても、新たな面から刺されるのです。

誕生日といえば、俺は12月生まれなんで歳食った瞬間にその年が終わるような感じがあって、そういう意味では次の年が本番のまさにその年齢の年みたいな意識があったりします。だからといって繰り返してるなあと思ったことはありませんけどね。世の中的にはそれこそ20代のうちの〜とか、30歳のうちにやっておきたい〜なんて言いますけどね、それが歴史を繰り返すと思ってる余波なのかと。

人の一生ほど一概に語りにくいものはなけれども、なぜか多くの人がロールモデルを持ってそこから外れないように生きていこうとします。俺は日本しか知らないから日本のそうなった原因はわからなくもありません。最近は意識的な面が随分改善されてきてますが、それでも前時代を引きずってると言わざるを得ません。

寿命という観点から見れば、体の時間変化は人生ほど誤差はないです。それが人生のロールモデルを決定する要因に、多少なりと影響を与えてるのはわからなくもありません。生きて死ぬという流れだけは確実に繰り返してますからね、逆算していつまでにというのも理解はできます。それでも配分まで合わせることはないと思いますけど。

写経じゃないんだからトレースしまくっても悟れることはしれてる気がしますよ

Powered by Blogger.